更年期障害に効果のあるエクオール コスパが良いのはどれ?

以前、更年期障害の症状緩和に大豆イソフラボンが効果的であるというお話をしました。

edamame-soy-bean更年期と大豆イソフラボンの関係【大豆の健康利益と効果】
「畑の肉」と呼ばれる大豆にはたんぱく質以外に重要な成分「イソフラボン」が含まれています。イソフラボンは大きく分けて3種類あり、「ゲニステイン」「ダイゼイン」...


さらに、日本人の50%がイソフラボンをエクオールという物質に変換する腸内細菌を持っておらず、イソフラボンだけを摂取しても意味がないことも分かりました。

2000px-isoflavon-svg更年期障害へのイソフラボンは実は50%しか効果がなかった!?
更年期障害の症状「更年期」とは閉経後の女性に見られるある特定の期間のことで、卵巣から女性ホルモンが放出されなくなる状態です。このホルモンの乱れによって、起き...


そこで、大事な事はサプリメントという形でエクオールを補充する事です。

私が調べた限りでは、大豆を発酵させて作ったエクオールをサプリメントとして販売しているメーカーが3つだけあります。

そこで、今回はそれぞれのサプリメントに含有されているエクオール量からどれが一番コストパフォーマンスが良いのかを検証しました。


1日に必要なエクオールの摂取量

「エクオール」について専門的に研究しているという吉形先生のお話では1日に10㎎のエクオールを摂取する事が必要です。

さらに台湾で行われたエクオールに関する研究では96名の女性被験者に対して、6ヶ月以上の期間を設けて研究を行いその有効性が実証されました。(1)

つまり、エクオールは中長期的な期間、毎日摂取しなければならないことから1年間毎日飲み続けた場合のコストを「年間コース」など1番安価に購入できる方法で比較しました。


エクオールの含有量と市販価格を比較

現在エクオールを販売しているメーカーは次の3つです。
  • 小林製薬
  • アドバンストメディカルケア
  • 大塚製薬
まずはそれぞれのサプリメントのデータを列挙していきます。

エクオール(小林製薬)

商品名 エクオール 発酵大豆イソフラボン
 

1パッケージあたりの粒数 30粒
1パッケージあたりの価格 初回1,350円(2回目以降2,430円)
1粒あたりのエクオール含有量 2.0g
1日に飲む推奨粒数 5粒
年間コスト 144,720円
小林製薬のエクオールは定期コースと1回だけの購入のどとらも選ぶ事ができます。

単回購入の場合は、初回のみ1,890円で、2回目以降も単回購入する場合は2,700円かかります。

エクオール含有量から考えて、1パッケージで6日分、1ヶ月で5パッケージ必要という事でになります。

計算すると年間コストは147,720円かかることになり、残りの2社と比べると明らかにぼったくりだという事がわかります。


エクオール+ラクトビオン酸(アドバンストメディカルケア)

商品名  エクオール+ラクトビオン酸


1パッケージあたりの粒数  90粒
1パッケージあたりの価格  初回3ヶ月分15,552円(毎月購入の場合は5,832円)
1粒あたりのエクオール含有量  3.3g
1日に飲む推奨粒数 3粒
年間コスト  62,208円
アドバンストメディカルケアの「エクオール+ラクトビオン酸」はエクオールの研究を専門的に行なっているドクターとの共同開発で生まれたサプリメントです。

全社中、1粒あたりのエクオール濃度が一番高いのが特徴です。

また同時配合のラクトビオン酸がカルシウムの吸収を高め、更年期になると起きやすい骨粗鬆症のリスクなどを低減させる効果があります


エクエル(大塚製薬)

商品名 エクエル
1パッケージあたりの粒数  112粒
1パッケージあたりの価格 4,320円
1粒あたりのエクオール含有量  2.5g
1日に飲む推奨粒数 4粒
年間コスト  56,314円
エクエル(EQUELLE)が3社のうちで最もコストパフォーマンスがよい商品でした。

同じ製薬会社なのに、小林製薬との違いに正直愕然としました。


更年期障害から見たエクオールサプリ まとめ

現在販売されているエクオール サプリメントのうち明らかに小林製薬のものは買わない方がよく、残りの2社から選んだ方が良い事が分かりました。
どちらも価格帯が良心的なので、エクオールのみに絞って購入するのであればエクエルがおすすめです。



更年期特有の症状の中でも最も深刻なものが、『骨粗鬆症』による骨折ですが「エクオール+ラクトビオン酸」の方は専門の研究者が開発していることもあり、カルシウムの吸収を高めるラクトビオン酸が配合されています。

年間ベースでも6,000円ほどの差なので、1つのサプリで骨粗鬆症のリスクまで抑えたい方は「エクオール+ラクトビオン酸」の方が良いのではないでしょうか。



小林製薬は年間ベースで考えるとかなりぼったくった悪質な商品ですが、初回だけお試しで購入する分には最安値ですので、そういった意味で利用価値はありそうです。