アスタキサンチンはビタミンCの6000倍美肌効果が強いだと!?

オキアミオイルや天然の鮭に含まれている「アスタキサンチン」ですが、実際どのようにお肌や身体に効果があるかご存知ですか?

最近ではアスタキサンチンを使った化粧品やサプリメントなども販売されおり、「実際に効果があるのか」や「副作用はあるのか」「1日の摂取量はどれくらい必要か?」などアスタキサンチンを利用する上で、必要な知識を解説していきます。

アスタキサンチンはどういう効果がある?

astaxanthin-3d-spacefillアスタキサンチンは「カロテノイド」という強力な抗酸化物質の1つで、植物や藻類、キノコやバクテリアなど多くの生物の色素の中かに含まれています。

人間が体内に吸収できる抗酸化物質の中でも最も強力なものといっても過言ではなく、酸化ストレスを軽減させたり、スポーツの後の回復を助けたりする効果があります。

アスタキサンチンの効能が発揮されるプロセス

人間に限らず生命体は常に「フリーラジカル」という物質によって酸化ストレスにさらされていて、細胞が傷つけられています。

フリーラジカルはストレスや紫外線などによって発生し、肌細胞に起きると保湿力が低下したり、乾燥肌が深層で起きるためシワの原因となるのです。

「抗酸化物質」はこのフリーラジカルと結合することで細胞レベルで毒性を中和し、健康な状態へと導いたり、身体的なパフォーマンスを最高の状態に持っていきます。



中でもアスタキサンチンは特別で、肌、筋肉、腱、目、循環器系、神経組織、体の各臓器すべてのパーツに効果を発揮する性質があります

アスタキサンチンの効果が及ぼす体へのメリット

アスタキサンチンと一般的な抗酸化物質である「ビタミンA」や「ビタミンC」などと比べて強力な抗酸化作用があります。

その酸化還元効果は以下の通りです。
  • 「ビタミンE」の550倍
  • 「ビタミンC」の6000倍
  • 「コエンザイムQ10」の800倍
そのため、アスタキサンチンを日常的に取り入れることで、より効率的に抗酸化物質を摂取できるということになるのです。

特に運動をしている人や美肌効果、アンチエイジングを行いたい人は摂取するべきでしょう。

アスタキサンチンの副作用やアレルギー反応は?

woman with a cold or allergy
アスタキサンチンは天然のカロテノイドで、動物の体内に含まれていることが分かっています。

例えば鮭の綺麗なピンク色はアスタキサンチンによるものですし、カニやエビなどの甲殻類の色もアスタキサンチンによるものです。

実はフラミンゴは別のカロテノイドからアスタキサンチンを作り出せる唯一の動物で、羽や羽毛が綺麗なピンク色をしているのも餌として食べた海洋生物が関係しています。



つまり、アスタキサンチンに毒性は無いと考えて良く、アメリカの食品医薬品局ではアスタキサンチンの摂取を推奨しているほどです。

アスタキサンチンの含有量が多い食品は?

H. pluvialis-source-of-astaxanthin
アスタキサンチンは主に鮭やカニなどのシーフードから多く摂取できます。

これは魚が「ヘマトコッカス藻」という藻を食べて体内に蓄積させているからです。

そして、特に体内に蓄積させているのが、『太平洋産の紅鮭』です。

その他にはロブスターやカニ、オキアミなどがアスタキサンチンを豊富に含んでいます。

meganyctiphanes_norvegica2オキアミオイルの効果とフィッシュオイルよりもおすすめな理由
オキアミオイル(クリルオイル)とは南極で獲れる小さいエビに似た生物「オキアミ」から抽出したオイルで、主に「オメガ3脂肪酸」「中性脂肪」「リン脂質」が含まれて...


つまり鮮やかなピンク色をしている、あるいは調理することによってピンク色になる海鮮がアスタキサンチンを含んでいることになります。

さらに興味深いことに、「天然もの」は「養殖もの」に比べてアスタキサンチンの抗酸化力が20〜50倍強いということが分かっています。

アスタキサンチンの推奨摂取量は?

アスタキサンチンの研究をしているアメリカ食品衛生局(FDA)では1日2mgの摂取を推奨しています

しかし、サプリメントの種類によっては石油系の素材から合成していることがあるのでサプリメントを選ばなければなりません。

以下に天然由来成分のアスタキサンチンサプリメントを列挙しておきます。


左の「トリプルストレングスアスタキサンチン」はアメリカから直輸入できるサプリで1粒あたり12mgのアスタキサンチンを含んでいます。

右の極上クリルは日本製のオキアミオイルのサプリメントでアスタキサンチンとオメガ3脂肪酸を含んだサプリメントで、1日4粒摂取すると厚生労働省が推奨している1日摂取量のおよそ20%のオメガ3脂肪酸が摂取できてしまいます